2017年5月 月例レポート 02 滞留水・汚染水の状況

汚染水対策は、これまでの対策が継続されている状況。
滞留水用タンクは現在、ボルトで接合した「フランジ型」のタンクから「溶接型」への代替(リプレース)が進められている。
汚染水の発生そのものを抑えようと陸側遮水壁(凍土壁)の造成が進められているが、凍結を継続している箇所では十分な凍土が造成されており、そうした箇所では地盤への冷熱の供給量を調整するなど、「維持管理運転」を実施していくとしている。

レポート本文:201705-02-osensui.pdf

カテゴリー: 02 滞留水・汚染水の状況 | タグ: , , , , , ,

2017年4月 月例レポート 05 燃料デブリの取り出し

2017年4月のイチエフでの核燃料デブリの取り出し準備についてレポートします。 今年度(2017年度)は、計画によれば各号機の取り出し方針の決定の年度ですが、今月はイチエフ構内で は燃料デブリの取り出しに係る新しい動きはありませんでした。取り出し方針の決定に向けて、イチエフの外部では1月末から3月にかけて 行われた1号機及び2号機の格納容器の内部調査結果の評価が進められているはずです。 また、これは5月のことになりますが、2日、3号機においてミュオン透過法による燃料デブリの位置の測定が開始 されました(59ページ)。 燃料デブリの取り出しに係る技術開発情報について、11ページで新しいレポート、13ページで続報をしまし た。 先月までのレポートをお読みの方はこれらのページからお読みください。

レポート本文:201704-05-debris

カテゴリー: 05 燃料デブリの取り出し | タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

2017年4月 月例レポート 02 滞留水・汚染水の状況

汚染水対策は、前月までの対策が継続されている状況。
滞留水用タンクは現在、ボルトで接合した「フランジ型」のタンクから「溶接型」への代替(リプレース)が進められている。
汚染水の発生そのものを抑えようと陸側遮水壁(凍土壁)の建設が進められているが、東電は「建屋流入量(建屋への地下水・雨水等流入量)は、各低減対策(地下水バイパス、フェーシング、サブドレン、陸側遮水壁)の着実な実施により、効果をあげている」としている。

レポート本文:201704-02-osensui.pdf

カテゴリー: 02 滞留水・汚染水の状況 | タグ: , , , , , ,

2017年4月 月例レポート 04 使用済み燃料プール対策

2017年4月の使用済み燃料プール対策についてレポートします。 1号機では、今後のダスト飛散抑制に向け建屋カバーの梁に防風シートを取り付けるため、梁の一時的な取り外し作業が開始(21 ページ)。2号機ではオペレーションフロアにアクセスするための西側構台・前室の設置が完了し、引き続き前室の設備設置作業および原子炉建屋の壁に穴をあける準備が進められています。3号機では燃料取り扱い装置を取り付けるガーダー(桁)の設置作業が継続されています(45ページに続報)。 1号機の建屋カバー撤去と環境中の放射性物質(定時降下物)の濃度の上昇との関連については24ペー ジで続報しました。25ページでは、1号機で実施された、冷却を停止した状態での使用済み燃料プール水温度の温度推移の確認作業について新たにレポートしました。16~18ページで全体のスケジュールを、19ページで作 業エリア配置図を更新してあります。 先月までのレポート本文をご覧の方は、これらのページからご覧ください。

レポート本文:9201704-04-nenryo

カテゴリー: 04 使用済み燃料プール | タグ: , , , , , , , ,

2017年4月 月例レポート 01 原子炉の状態

東京電力の発表によれば、 2017年4月のイチエフ1号機~3号機の原子炉は、各種の測定値、パラメータに ついて有意な変動は見られず、総合的に「冷温停止状態」を維持しており,原子炉は引き続き安定状態を 保っていると評価されています。

レポート本文:9201704-01-gennshiro

カテゴリー: 01 原子炉の状態 | タグ: , , , , , , , , ,

2017年3月 月例レポート 04 使用済み燃料プール対策

3月の使用済み燃料プール対策についてレポートします。 使用済み燃料プール対策について、3月に新たに着手された取り組み、継続されている作業で新たな段階 に入った作業はありません。

今月のレポートでは20・21ページをご覧いただきたいと思います。 1号機の建屋カバー撤去に伴い、環境 中の放射性物質(定時降下物)の濃度が上昇しているという「女性自身」の報道とそれに対する原子力規 制庁の反論に対し、原子力規制委員会のデータに基づく、筆者自身による考察を加えました。

レポート本文:9201703-04-nenryo

カテゴリー: 04 使用済み燃料プール | タグ: , , , , , , , , , , ,

2017年3月 月例レポート 05 燃料デブリの取り出し

2017年3月のイチエフでの核燃料デブリの取り出し準備についてレポートします。 今年度(2017年度)は、計画によれば各号機の取り出し方針の決定の年度です。 また、1月末から3月にかけては、1号機及び2号機の格納容器の内部に調査用ロボットが投入され(1号機 では2回目、2号機は初めて)、映像による燃料デブリの直接の確認はできませんでしたが、格納容器内部の各種の情報が取得されました。今年度早々には3号機の格納容器内部調査も行われる予定です。そこで 1~3号機の燃料デブリ取り出し準備の進行状況を概観しやすいように、2ページに、新たに「0 燃料デブリ の推定位置および取り出し準備作業の進行状況(概容)」を加えました。 3月18日~22日に1号機で実施された新たな自走式調査装置による格納容器地下階の調査の結果につい ては、35ページ~39ページでレポートしました。 11~12ページでは新しい技術開発情報を、50・51・54ページでは2号機格納容器内部調査のその後の情報 を紹介しました。先月までのレポートをお読みの方はこれらのページからお読みください。

レポート本文:201703-05-debris

カテゴリー: 05 燃料デブリの取り出し | タグ: , , , , , , , , , , , ,