2020年3月 月例レポート 04 使用済み燃料プール対策

2020年3月の使用済み核燃料の取り出し(準備)の状況についてレポートします。
昨年12月に改訂された「中長期ロードマップ(第5版)」で、燃料取り出しの開始時期が最大5年先延ばしされた1,2号機 ですが、1号機では使用済み核燃料の取り出しに向けた、使用済み燃料プールのゲートカバーの設置など、オペレーティングフロア整備作業が進められています。

2号機では、使用済み核燃料取り出し工法の変更に伴う原子炉建屋南側ヤードの整備が開始されています。取り出しまでの作業ステップも更新しました。
3号機では使用済み燃料プールからの燃料取り出し作業が566体中119体まで進んでいます。プール内の最新のガレキ撤去状況も更新しました。
1/2号機排気筒の解体作業は、4月3日までに、全23ブロック中17ブロック目の解体・吊り降ろしまで完了しました。

これらの記事のページナンバーは、レポート本文1ページにリンク付きで示してあります。本文をお開きください。

レポート本文:202003-04-nenryo

カテゴリー: 04 使用済み燃料プール タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク