2019年5月 月例レポート 04 使用済み燃料プール対策

2019年5月の使用済み核燃料の取り出し準備の状況についてレポートします。
昨年8月より解体装置の実証実験を重ね、20日に解体作業を開始する予定だった1/2号機共用排気筒は、16日、解体装置を吊り上げるクレーンの実際のワイヤーの長さを、他の部位の長さと取り違えた計画だったため、解体装置を排気筒最頂部まで吊り上げられず、解体開始は6月に延期になりました。
2号機の使用済み核燃料の取り出し工法について、筆者が1月本レポートで考察の結果示した、原子炉建屋上部の全面解体以外の方法へのシフトチェンジという、新たな案が示されました。
スケジュールなど、更新した事項については表題の後ろに(更新)と表示してあります。
これらの事項についてはレポート本文の最初のスライドに所在ページを示し、ページナンバーには、該当ページに跳ぶリンクを貼りました。レポート本文を開きご一読ください。

レポート本文:201905-04-nenryo

カテゴリー: 04 使用済み燃料プール タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク