2016年10月 月例レポート 04 使用済み燃料プール対策

1号機では引き続き建屋カバーの解体工事が行われています(20ページで進捗状況を続報しています)。 2号機では12月の完成を目指し、使用済み燃料取り出し時の重機などの設置スペースを確保するための ヤード整備工事および原子炉建屋西側外壁の開口設置工事が継続されています。 3号機では、オペレーティングフロアの線量低減工事が継続されています(26ページで進捗状況を、27~30 ページで遮へい体設置による線量低減状況を更新しました)。 14~16ページで全体のスケジュールを、17ページで作業エリア配置図を更新してあります。 先月のレポートをお読みの方はこれらのページからご覧ください。 イチエフの外部では、取り出した後の使 用済み核燃料の構内輸送用容器、構外輸送用の乾式キャスクの 製造等が進められています。

レポート本文:9201610-04-nenryo

広告
カテゴリー: 04 使用済み燃料プール タグ: , , , , , , , , パーマリンク