2015年6月 月例レポート 03 放射線量低減・汚染拡大防止

5月29日に1000トンノッチタンクから3号機タービン建屋への移送ホースから高濃度汚染水の漏えいが発生。漏えい水はK排水路に流入し、一部が港湾に流出した。同日に採取した取水口付近の海水は全β濃度の上昇がみられたが、現在は漏えい発生前と変わらない濃度となっている。
敷地内の線量低減については、「1~4号機周辺を除くエリアで平均線量率5μSv/h」と目標が設定されており、表土除去、樹木伐採、フェージング等による線量低減対策が進められている。2015年度末までの目標達成を目指しており、現在、目標の85%の状態に達しているとされている。

201506-03-senryoteigen.pdf

カテゴリー: 03 放射線量低減・汚染拡大防止, 未分類 パーマリンク